利用者が増加しています

ダンボール

家族の少ない人が利用傾向

東京では一人暮らしのお年寄りが増加してきているため、亡くなった場合の遺品整理に困るケースがあります。ある日突然、その時は訪れるため、身寄りのない人などの遺品はそのまま残ってしまいます。そんな時、東京で利用者が多いのが遺品整理を代行してくれる業者の存在です。また、遠方に住んでいるために直接、遺品整理に出向くことが出来ない人に変わって行ってくれます。整理した遺品は合同供養してくれる業者もあるため、安心して任せられます。清掃なども併せて行ってくれる東京の業者もあるため、気持ちよく故人を見送ることが可能になります。孤独死も多い東京では、異臭の除去などもしっかりと行ってくれるケースもあります。賃貸物件であってもきれいに整理をしてくれ、掃除まで行ってくれます。

生前に利用も可能

遺品整理業者の多くは、亡くなった人の遺品整理が中心ですが、中には生前の整理を行ってくれるところもあります。一人暮らしのお年寄りが自分が亡くなったときのことを心配して行うケースや、福祉施設への入居を時に依頼することも可能です。予め見積もりを取ってから利用ができるため、安心して遺品整理を任せることができます。また、形見分けなどの依頼も可能なケースもあるため、故人との大切な思い出はそのまま手元に残せます。それ以外にも、遺品の中に高額なアイテムや貴重なものが見つかった場合には、依頼者に連絡をしてくれる業者もいるため、信頼をもって依頼できます。遺品整理は大切な人を亡くした人にとってとても辛く大変なものでもあります。このため、第三者を入れる人も多くいるのです。